2021年12月31日金曜日

大晦日の夜にブログを更新

子犬が生まれた10月以降、生活のペース(リズムというのかな?)がいろいろ変わって、寝不足だったり、ストレスだったり、落ち込むことがあってなかなかブログを書く気になれませんでした。

すごくショックだったことの一つはこの写真に写っているピットブルのロッキーとお別れしたことです。

死別とかではなく手放して他の人に譲ったのですが。。。

最初夫からその相談(といっても、夫の中ではすでに決断済だったのですが)をされたときは、手放すことに猛反対したのですが私の意見は通らず。
ロッキーは生まれてきた子犬に優しくできず、仲良くもしてくれず、攻撃するのでもう子犬と一緒に生活するのは危険過ぎるから、という理由でした。
子犬が大きくなるまで別々の部屋で隔離すればと提案したのですが、それも叶わず。
ロッキーを世話してくれる人を募集して引き取ってもらいました。

新しいロッキーの飼い主は60代の一人暮らしの男性で、広い庭があるから外が好きなロッキーには快適に過ごせるだろうということでした。
車で1時間くらいのところに住んでる人で、夫がネットで募集するとすぐに電話で連絡がきて、その日の夜に引き取りにきて、すぐにバイバイとなってしまいました。
上の写真は、ロッキーとお別れする直前に撮ったものです。
長男も涙をこらえていたようでした。

私は犬を飼うこと自体に猛反対で、今でも許可したわけではないけれど、だから犬が好きでもないのですが、こうやって毎日一緒に過ごした犬がいなくなるというのはとっても悲しいことで、今こうやって書いていても涙がこぼれそうになります。

そのロッキーの新しい飼い主さんから、ロッキーが新しい首輪を買ってもらってつけている写真や、その男性の孫と一緒に写っている写真が夫の携帯に送られてきたので、新しいお家でも可愛がられているみたいでホッとしています。

で、今うちにいるのは、ローデシアンリッジバックのココと、
ココとロッキーのあいだに生まれたチャーリーです。

12月 25日のクリスマスから雪が降り始めました。
外は冷凍庫状態で、冷蔵庫に入らなかったアップルサイダーの瓶を外に置いておいたらアップルサイダーが凍ってしまって、炭酸がなくなってしまいました。

26日の朝には外は銀世界でした。
うちのキッチンの窓から撮った外の景色です。
小汚い雑木林も雪が降ると美しく変身します。
子どもたちは連日外で雪で遊びをしました。
粉雪でボールを作ってもすぐに粉々に崩れてしまって雪だるまを作ることはできませんでした。


うちの11月に誕生日がきて3歳になった次女ですが、最近大変で、
遅れてきたイヤイヤ期がはじまったようなのです。
イヤイヤ期って2歳だと思ってたのですが、うちの次女は3歳過ぎてはじまりました。
このときも、うちに帰りたくない、ベビーカーに乗りたいと言い出して泣いていました。
最近はじめたトイレトレーニングも拒否しています。
おまるに座るのもイヤ。
トレーニング用の布のパンツをはくのもイヤ。
そんなイヤイヤは序の口で、
前髪を切るのもイヤ、爪をきるのもイヤ、あれもこれも全部イヤになってしまったのです。
落としたツララが落ちて折れてしまうのもイヤ。
シャワーするのもイヤ。
(毎日シャワーのたびに泣かれるのが辛くて、シャワーを一日おきにすることにしました)。
そんなこんなで私はストレスがたまり、蕁麻疹がでるようになってしまったので、最近市販薬を買って飲んでいます。

昨日はコロナのファイザーの2回目の注射をしてきました。
そのせいで腕が痛くて体調がすぐれません。
でも
大晦日の夜に放置状態になってしまったブログを更新できて良かったです。



田舎暮らしランキング

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村

2021年11月11日木曜日

Tokeland Hotel(WA)に行く

この前、私の43歳の誕生日でした。

夫がホテルのレストランを予約してくれて、

『バースデー ブレックファースト』に行ってきました。

行ったホテルは Tokeland Hotel。

ウィキペディアによると、ワシントン州で最古のリゾートホテルなんだそう。

見るからに古そうな建物。

うちから車で30分くらいの場所です。

犬2匹と、子犬10匹はうちの隣に住むオーナー夫妻に時々様子を見に行ってもらうようにお願いしてでかけました。

子犬がいると家族全員ででかけるのも難しい。

ホテルは田舎の中にあります。

周囲はのどかな風景。

食事中には窓の外にハミングバードがたくさん飛んでいました。

ワシントン州で最古のホテルだというので、なんとなくドレスコードとかあってマナーとか気にしないといけないようなイメージだったんですが、

この田舎の風景の中にポツンとあるホテルなのでそういう都会の高級ホテルとは程遠いリラックスした感じのホテルでした。(私の勝手なイメージですが)

私はエッグ・ベネディクトを注文しました。

長女はBiscuits + Gravy

ビスケット?(スコーンみたいなの)にグレイビーソースがかかっています。

コロナがはじまって以来の久々の外食でした。

みんな違うものをたのんだのに、パット見はどれも同じにみえる料理でした。

長男はTwo Farm Fresh Eggs

中身はeggs prepared your way, crispy potatoes, buttermilk biscuit

add ham, bacon or sausage +

これ。

 

夫は、Chicken Fried Pork Chop

という、フライドチキンのように料理された豚肉という料理。

チキンなのか豚肉なのかややこしいネーミング。

と、最後にショーケースに並んでいたスイーツを買って帰りました。

これお手洗いに席をたったときに思わず撮ってしまったんですが、予約をしたというのに、お客さんはぜんぜんいなくて貸切状態。

2歳児が飽きてきてギャーギャー騒ぐんじゃないかと心配していたんですが、これなら大丈夫でした。

ワシントン州最古のホテルというだけあって、

店内の装飾品は年季が入ったものばかりでした。

剥製の鹿

古そうな本

古そうな家具

古そうな置物

毛皮類とか

なんかもう博物館みたい。

ウィキペディアによるとこのホテルは1978年に(私が生まれた年)に国家歴史登録財( the National Register of Historic Places)に登録されたそうです。

食事をした席からお手洗いに行くまでの途中にこんなにたくさんの目を惹くものが展示されていました。

久しぶりの外食で、非日常空間を楽しんできました。


子犬の貰い手の目処もたってきて、早く日常に戻れるといいなあと思っています。

子犬10匹の世話はほとんど夫とこどもたちでやってはいるんですが、大変です。
こんなホテルの名前が入ったグッズも販売されてました。

今日はこのホテルに行ったときのことを書きましたが、またおちついたら、(今は子犬の世話やら私の在宅ワークやら、ガーデンの野菜の収穫やら、毎日の料理やらでほんとに慌ただしい日々なので)普通の子育てブログを再開します。
バッグやマグカップ以外にも小麦粉とかメープルシロップ?みたいなのもいろいろありました。
こんなのを見てるだけも楽しめました。
写真に写り込んでしまったのは11歳の長女です。
最近は自分で料理もするし、掃除もしてくれるし、洗い物もしてくれるし、子犬のエサも作ってくれるし、ほんとによくやってくれる長女です。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村href="https://blog.with2.net/link/?id=1658716&cid=3337" style="font-size: 0.9em;">ワシントン州(海外生活・情報)ランキング


2021年10月30日土曜日

忙しかった10月

子犬が生まれたと報告した前回の投稿からだいぶ経ってしまいました。

子犬はすくすくと成長しています。

10匹いるので一度におっぱいをのませるのは難しいし、ココはいつも大変そう。

子犬は最初は自分で歩けないし、目もあいていなかったのが

今では、自分で立って歩いているし、目も開いています。
ココのおっぱいだけでは足りなく粉ミルクも足して、ほんと人間の赤ちゃんと同じです。
だんだんかわいらしさが増してきています。
一匹づつ名前をつけて、毎日体重をはかって増えているかチェックもしています。
うちの2歳児にとっては新しいおもちゃが増えたような感じ。
子犬に囲まれてうれしそうにしています。




 

ココからおっぱいがよく出るようにと、動物のお医者さんからチキンをあげるようにと言われたので
大きな鍋でチキンを茹でました。
1時間〜2時間くらい煮込むとチキンがやわらかくなっておいしいスープができました。

いつもよりもエサをいっぱいあげて、犬の世話も大変になりました。
犬の世話も大変なのに、ガーデンでは大根が収穫時期になってしまい、こっちも大変になっています。

夏に季節をまちがえて植えた大根は木のようにかたい大根でしたが、
今回は見た目は悪いですが、普通においしい大根ができました。
1個目に収穫した大根はこんな割れ目が入ってしまいました。
でも中身は普通で、包丁ですんなり切ることができました。

葉っぱも大量に取れるので、茹でて漬物にしたり、炒めてふりかけみたいにしたり、活用しています。
大根自体より、大根の葉っぱの方が大量にとれます。
漬物にした大根の葉は、高菜漬けのように活用して、チャーハンに使ったり、パスタにしたり、もうやれるだけのことはしたのですが、まだまだいっぱいあります。どうしよう。
2本目に収穫した大根は結構いい感じでした。

これはポークステーキを買ってきて、小さく切って
豚バラ大根を作りました。
これがとってもおいしかったので、また作ろうと思って今日豚肉をまた買ってきました。
今日Thriftway(近所のスーパー)に言ったら、見たことのない色のフルーツがあったので買ってみました。
赤い梨と、
黄色いりんご。
レジの人にも「これ何?」と聞かれました。
私が「レッドペア(赤い梨)」だと答えると
「見たことない」と驚いていました。
梨はまだ食べてませんが、黄色いりんごは食べましたが、普通においしかったです。
10月は子犬が生まれて、大変だったのであっという間に過ぎていきました。
今年はハロウィンは何もせずにおわります。アメリカにきてこんな年ははじめて。
デコレーション用のパンプキンも買わず、トリックオアトリートも行かない予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




田舎暮らしランキング

2021年10月18日月曜日

子犬がうまれる

子犬が生まれました。

もうなんか犬も人間も出産は大変なのは同じなんだなと思いました。

出産後、ココ(犬の名前)のおっぱいが固くなってしまい、夫がココを病院につれて行くと熱があって薬を処方してもらいました。そのときに、お腹の中にまだ赤ちゃんが残っていないかも確認してくれました。

赤ちゃんは10匹います。

ココはまだ今も出血しています。これも人間と同じ。

ココの熱はおしりではかります。犬の体温計も買いました。

毎日、片時も子犬から目がはなせないので本当に大変です。

といってもこれは夫と子どもたちが主にやっています。私は2歳児の世話と家事で忙しいので。


夫が犬の世話に手がかかって忙しくなっている分、私にもしわよせがきて

普段夫が自分でやっていることも(コーヒーをいれるとか、お茶を作るとか)私がやらされて、最近は忙しくなってブログの更新できず。。。それだけじゃないですが。

動物のお医者さんから、チキンをココに与えるように、と言われたらしく連日大量のチキンの仕込みをやっています。

夫は動物のお医者さんに行く前、大量の牛ひき肉をココにあげるために買ってあったのですが、それも必要なくなってしまったので、

牛ひき肉を使った料理を人間用に私が毎日作る羽目に。

料理をすれば、片付けモノもでて、なんかずっと日中はキッチンにいるような気がします。

写真すら撮る気もおきず、ここの載せた写真は夫が私に送ってきた写真をのせました。

犬の子犬はネヅミのサイズで本当に小さいです。

うんちもおしっこもするから、洗濯機も毎日2、3回はまわしています。

ローディジアンリッチバック(ココ)とピットブル(ロッキー)のミックスはどんな犬になるのか興味があるという夫の興味本位で、、、計画的な妊娠ではあったのですが、こんなに大変だとは思いもしませんでした。

そうそう、出産後、ココはロッキーにあうと威嚇して、子犬に近づけないようにしようとするので、今は別々にしています。ロッキーは子犬たちのパパなのに全然あわせてもらえないのでかわいそうです。

また心に余裕がでてきたときに、写真を撮ってのせようと思います。



育児・3人兄弟/姉妹ランキング


にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

2021年10月9日土曜日

2才児の気まぐれとわがままに付き合う

10月7日(木)は長男と次女を連れて図書館へ。

その帰りに図書館の向かいにある公園へ。

長男は図書館で本を返して、また借りてきました。

昨日、10月8日(金)は長女と次女を連れて図書館へ。

その帰りに図書館の向かいにある公園へ。

長女は図書館で本を返して、また借りてきました。

今日、10月9日(土)次女だけ連れて公園へ。

毎日、車で子どもたちを公園につれて行っています。しかしみんな来たがる日もあれば、うちに居たがる日もあって、なかなか3人全員そろいません。

この写真の公園は、うちから徒歩圏内にある公園で、前はベビーカーを押しながら歩いてよく来ていました。犬の散歩で来ることも過去にありました。

最近は車で来ています。

昨日、この公園に長女と次女を連れてきたとき、次女は大泣き。

次女が来たかった公園はこっちじゃなかったらしく、怒って車から降りようとともしませんでした。

でも長女はこっちの公園で遊びたかったらしく、スクーターができる広い場所もあるので。

少しだけ長女を遊ばせて、すぐに別のもう一つの公園に移動しました。

(それが2枚目に載せた写真)

もう一つの公園にはブランコがあるのですが、こっちの公園にはありません。

今日、次女が公園に行きたがったとき、昨日のこともあるので当然もう一つのブランコがある公園だろうと思って車を運転すると、

違いました。

今日はこっちの公園に来たかったらしく、こっちの公園で遊ばせたのですが、遊んだあと、家に帰ろうとすると、まだ帰りたくないと車の後部座席で怒り出すので仕方なく、昨日と同様に

公園をハシゴするはめになりました。

2才児の気まぐれに付きあうのも大変です。

私自身ひまじゃないとできません。

公園をハシゴしたあと、今度は図書館の遊び場に行きたいと言うので(次女は2歳なのですが、まだちゃんと話せません。それなのに、ちゃんと行きたい場所は伝えられます)

今日は公園2箇所と図書館にも行ってきました。

今日は私の在宅ワークも午前中に終わってたし、

夕飯にカレーを作ってあったので、たまたま次女の気まぐれのわがままに付き合ってあげることができました。

これ、毎日やられるとキツイなあと思います。

魔の2才児と言いますが、3人目の2才児の育児で私がつかんだコツは、やらせたくないこと、やってほしくないこと、本当はダメなこと、いっぱいあるんですが、

2才児がもしそれをしたがったら、頭ごなしにダメダメ言ってやらせないようにすると、2才児の好奇心は消化不良になり更に癇癪へと発展していくのは目に見えているので、

自分が妥協して、まずやりたいことをやらせるようにしています。

例えば、もうすぐご飯の時間だというときに

お菓子やアイスを食べたがります。

そういうとき、「ごはんを食べてからだよ」と言っても2才児にはききません。だからたとえあと数分で料理ができそうなときでも、欲しいお菓子やアイスをあげてしまいます。

私の子育ての手抜きかもしれませんが、そうすることで

2才児を怒らせることも、泣かせることもないので、平穏なままでご飯の支度ができます。

怒っているところをなだめることもしなくていいし、うるさい泣き声を聞かなくてもいい。

お菓子やアイスを食べてる横に、私が
「それ(食べてるお菓子やアイス)の次はこっち食べてね」と作った料理を持っていくと、
お菓子やアイスを食べるのをやめて、ご飯の方を食べ始めることもありもあります。
やってほしくない行為もやらせてあげると、満足してすぐやめてくれることもあります。
2才児の好奇心(わがまま)を満たしてあげて、
一時(いっとき)は私が妥協とガマンをすることになるのですが、
あとは結構、うまくいきます。

今日も、この通り、家に帰ってくると疲れて寝始めました。
この前、長女の11歳の誕生日でした。
長男は9歳。
もう9歳と11歳くらいになったら2歳だったときのことなど覚えていないものです。
いくら厳しくしつけたとしても大きくなったら忘れてしまうので2才児に厳しく叱りつけるのは意味ないような気がするのです。



育児・3人兄弟/姉妹ランキング


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村